コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バーグバタ Vāgbhaṭa

世界大百科事典 第2版の解説

バーグバタ【Vāgbhaṭa】

7世紀ころのインドの医学者。生没年不詳。チャラカ,スシュルタと並んでインド古典医学の〈三医聖〉の一人とされるが,他の2人に比べてはるかに歴史的実在性の明らかな人物であり,おそらくは義浄(635‐715)が《南海寄帰内法伝》で言及している医者であろう。ただし,《アシュターンガ・サングラハAṣṭāṅga‐saṃgraha》と《アシュターンガ・フリダヤサンヒターAṣṭāṅga‐hṛdayasaṃhitā》というよく似た2種の著作が残っており,バーグバタ2人説を唱える学者もある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

バーグバタの関連キーワードマーダバ

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android