コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バージンロード virgin road

4件 の用語解説(バージンロードの意味・用語解説を検索)

結婚式・ブライダル用語集の解説

バージンロード

チャペルの入り口から祭壇までの通路に敷かれた布、或いは通路のこと。花嫁と花嫁の父親が左腕を組んで入場します。バージンロードの先には新郎が待っており、祭壇付近で父親は腕を解いて花嫁を新郎のもとへと嫁がせます。挙式の後は新郎新婦が腕を組んでバージンロードを歩きます。カトリック教派では赤い絨毯、プロテスタント教派では白い布を使いますが、会場によっては白い大理石のバージンロードもあります。なお、バージンロードとは和製英語で、正しくはWedding Lordといいます。

出典|2story.net
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

バージン‐ロード

《〈和〉virgin+road》キリスト教の教会の入り口から祭壇につながる中央通路。結婚式のとき、花嫁とその父親がここを通って入場する。
[補説]英語ではaisle

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

結婚式・ウェディング用語集の解説

バージンロード

バージンロードとは、教会式の結婚式において花嫁が入場し祭壇に向かって歩くまでの、教会の入り口から祭壇に向かう中央の通路に敷かれた布、もしくはその通路のことをいいます。花嫁の汚れない純潔さ象徴しており、神の前で二人が導かれて結ばれることを意味します。フラワーガールやリングボーイなどの子供たちの他には、列席者はバージンロードを踏んではならないとされます。キリスト教挙式の場合には、花嫁がその父親と左腕を組んで入場し、花嫁が祭壇の近くまで来たら、新郎が歩み寄り、父親は腕を解き、新婦を新郎に託します。挙式後は新郎新婦が腕を組んで共にバージンロードを歩いて退場します。本来は新婦と共に入場するのは父親の役割ですが、母親や兄弟など新婦に親しい人と入場しても構いません。主にプロテスタントでは白い布が用いられ、カトリックでは赤い絨毯のバージンロードが用いられます。また、布を敷いておらず、大理石の床になっているところもあります。本来は、赤い絨毯のものや大理石のものはバージンロードとは呼ばず、白い布のものをバージンロードと呼びます。ちなみにバージンロードは和製英語で、英語ではウェディングロード、またはアイルといいます。

出典|ウェディングプリンセス
©2005-2010 Wedding Princess All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラスの解説

バージンロード

日本のテレビドラマ。放映はフジテレビ系列(1997年1月~3月)。全11回。脚本:龍居由佳里。出演:和久井映見反町隆史武田鉄矢、宝生舞ほか。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

バージンロードの関連キーワード神前結婚結婚記念式結婚行進曲人前結婚オンロードバージンオイルエキストラバージン小鳥の結婚式サンロードヴァージン・ロード

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

バージンロードの関連情報