バートパーラ(英語表記)Bhātpāra

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バートパーラ
Bhātpāra

インド北東部,ウェストベンガル州中東部の都市。コルカタ (カルカッタ) 北方約 35km,フーグリ川東岸に位置。ジュート加工,綿,製紙工業中心地。古くからの,トルスと呼ばれるサンスクリット学の学校がいくつかある。人口 44万 1956 (2001) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

バートパーラ
ばーとぱーら
Bhatpara

インド東部、西ベンガル州フーグリ川左岸の工業都市。州都コルカタ(カルカッタ)の北約35キロメートルに位置する。人口44万1956(2001)。19世紀中ごろからジュート加工業が発達し、コルカタ大都市圏域の五大ジュート工業都市の一つに成長した。綿・製紙・砂糖工業も盛ん。古くはサンスクリット学の中心地として有名であった。[中山修一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android