コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パウリキアヌス派 パウリキアヌスはPaulicians

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

パウリキアヌス派
パウリキアヌスは
Paulicians

7世紀アルメニア地方から起ったキリスト教異端の一派。マルキオン派およびマニ教の直接的影響下に,現世を支配する悪神ときたるべき善神の存在を主張する二元論に立つ。唱道者はコンスタンチヌス・シルワヌス (641~648頃活躍) とされている。信者は聖書を権威として認めたが,旧約聖書および『ペテロの手紙』を拒否した。また水,パン,ぶどう酒,油などによる典礼的効果や地上の教会,教職位階を否定した。この派は当初ビザンチン帝国内に政治的,軍事的反乱を起したが,コンスタンチヌス3世,ユスチニアヌス2世などの弾圧を受けた。9世紀後半には復活し,キリキア,小アジアで栄えたが,872年バシリウス1世の遠征隊によって帝国辺境に追われ,一部は対ブルガリアの国境警備に配された。この派の教説は 10世紀初頭マケドニアに起ったボゴミール派に大きな影響を与えた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android