コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パウルス6世 パウルスろくせいPaulus VI

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

パウルス6世
パウルスろくせい
Paulus VI

[生]1897.9.26. ブレシア,コンチェジオ
[没]1978.8.6. ローマ
教皇 (在位 1963~78) 。本名 Giovanni Battista Montini。 1920年司祭となり,ローマで高等教育を受けたのち,22年教皇庁国務聖省に入り,32年間勤めた。 54年ミラノ大司教,58年枢機卿,63年教皇となり第2バチカン公会議の推進に貢献,公会議の決定事項の実現に尽力した。教会合同の面では 64年にエルサレムでコンスタンチノープル総大主教,66年にはカンタベリー大主教と会見。 65年世界平和を求めて国連総会に出席,回勅を発し,66年には特にベトナムに言及した回勅を出し,67年の回勅では世界中の貧困地帯への援助を呼びかけた。 65年から結婚を中心とする教徒の道徳面での規則の改革を始め,68年の回勅で人工避妊を非として論争を呼んだ。晩年は,イタリアにおける離婚法の成立や,国民投票による離婚法の追認,ルフェーブル大司教の背叛など多難であった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

パウルス6世

生年月日:1897年9月26日
教皇(在位1963〜78)
1978年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

パウルス6世の関連キーワードポプロールム・プログレッシオ国務省[ローマ教皇庁]ヨハネス・パウルス1世ヨハネ・パウロ(1世)正義と平和評議会東西両教会の分裂エキュメニズムバチカン市国ラムゼー庭野日敬生年月日列聖叙階

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android