パウルス6世(読み)パウルスろくせい(英語表記)Paulus VI

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「パウルス6世」の解説

パウルス6世
パウルスろくせい
Paulus VI

[生]1897.9.26. ブレシア,コンチェジオ
[没]1978.8.6. ローマ
教皇 (在位 1963~78) 。本名 Giovanni Battista Montini。 1920年司祭となり,ローマで高等教育を受けたのち,22年教皇庁国務聖省に入り,32年間勤めた。 54年ミラノ大司教,58年枢機卿,63年教皇となり第2バチカン公会議の推進に貢献,公会議の決定事項の実現に尽力した。教会合同の面では 64年にエルサレムでコンスタンチノープル総大主教,66年にはカンタベリー大主教と会見。 65年世界平和を求めて国連総会に出席,回勅を発し,66年には特にベトナムに言及した回勅を出し,67年の回勅では世界中の貧困地帯への援助を呼びかけた。 65年から結婚を中心とする教徒の道徳面での規則の改革を始め,68年の回勅で人工避妊をとして論争を呼んだ。晩年は,イタリアにおける離婚法の成立や,国民投票による離婚法の追認,ルフェーブル大司教の背叛など多難であった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

367日誕生日大事典「パウルス6世」の解説

パウルス6世

生年月日:1897年9月26日
教皇(在位1963〜78)
1978年

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android