コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

回勅 かいちょく Encyclica; papal encyclical

6件 の用語解説(回勅の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

回勅
かいちょく
Encyclica; papal encyclical

ローマ教皇が全世界または特定国の司教,信徒にあてたカトリック教会の指針を示す公的書簡。内容は教義,司牧方針,社会問題など多岐にわたる。なかでも社会問題に関するもの (社会回勅) は欧米を中心に大きな社会的影響力をもつ。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

かい‐ちょく〔クワイ‐〕【回勅】

ローマ‐カトリック教会で、教皇が全教会の司教または信者にあてて、教会全体の重要問題について書き送るラテン語の手紙。回章。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

回勅【かいちょく】

ローマ教皇が,司教を通じて信徒全体に伝える文書。〈回章〉ともいい,ラテン語でLitterae encyclicae。内容は神学から社会問題にまで及ぶ。ラテン語で出され,冒頭の2〜3語をもってその回勅の名称とするのが慣例。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

かいちょく【回勅 Litterae encyclicae[ラテン]】

カトリック教会用語で,ローマ教皇が司教を通じて信徒全体に伝える文書。むかし,その使者が馬で各教区を回ったことから,この名称ができた。回章ともいう。通常ラテン語で出され,その冒頭の2,3語をもってその回勅の名称とするならわしである。また同時に,しばしば近代語の公訳が付されて発行される。回勅は今日では《聖座公報Acta Apostolicae Sedis》により公布される。その教導権威は内容により異なり,不可謬的教理決定に回勅の形式がとられることはまれである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

かいちょく【回勅】

ローマ教皇が全世界の司教に発する組織上・信仰上・教義上の問題についての通達。 → 教書

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

回勅
かいちょく
EncyclicaLitterae encyclicaeラテン語
EncyclicEncyclical英語
Enzyklikaドイツ語

ローマ教皇が全世界のカトリック者にあて、信仰または道徳の問題に関し権威ある指針を表明する際の書簡の形式をいう。ときとして社会問題や平和の問題に関し、全世界の善意の人々すべてに訴えかける場合もある。たとえば、1963年ヨハネス23世の『地上に平和を(パーチェム・イン・テッリス)』Pacem in terrisのアピールがそれである。
 社会・経済問題に関してカトリックの理念から指針を表明したものとしては、レオ13世の『レールム・ノバールム』(1891)とピウス11世の『クワドラジェシモ・アンノ』(1931)が有名で、社会回勅とよばれる。回勅は普通ラテン語で書かれ、近代語の公訳が付され、その最初のことばが回勅のタイトルとなる。回勅は、一般的にはカトリック信者の信仰と道徳を守り、その一致を保持するための重要な媒体とみなされている。しかし、20世紀になって二つの回勅に関連して注目すべき論議が生じた。一つは、1950年にピウス12世が出した『フマニ・ジェネリス』Humani generisであった。そこで教皇は、「論議中の問題に回勅がある指針を与えた場合、もはや神学者は自由に議論してはならない」と付け加えた。しかし、第二バチカン公会議(1965)は最終草案からこの文面を削除した。二つ目は、人工的避妊方法を反自然として退けたパウルス6世の『フマーネ・ビテ』Humanae vitae(1968)に関し、今日では回勅の権威を一般化するよりは個々の理非曲直によって判断されるべきであるとされている。[越前喜六]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

回勅の関連キーワードパーパカトリック教会カリスローマカトリック教会加特力聖ピーターローマカトリック教会セントピーターローマカトリック教会ローマ教会ローマ・カトリック教会ローマ・カトリック教会法

今日のキーワード

プレミアムフライデー

経済産業省と日本経済団体連合会などの経済界の団体が個人消費を喚起するため、毎月末の金曜日に午後3時をめどに仕事を終えるよう企業に対応を呼びかけるキャンペーンの名称。2016年12月12日、政府と経済界...

続きを読む

コトバンク for iPhone

回勅の関連情報