コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パキスタン独立決議 パキスタンどくりつけつぎ

1件 の用語解説(パキスタン独立決議の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

パキスタン独立決議
パキスタンどくりつけつぎ

ラホール決議ともいう。 1940年3月ラホールで開催されたインド・ムスリム連盟第 27回大会において採択されたもの。英領インドの北西部と東部のイスラム教徒多数地域を具体的な独立対象地とし,予定されるパキスタンの諸構成単位はそれぞれが主権と自治権,つまり自決権をもつこと,パキスタンは複数国家たるべきことが規定されていた。なお,最後の点についてはのちに単一国家であること,と修正された。 47年,パキスタンは独立したが,イスラム自決権を先行させた結果,ラホール決議の内政への適用と実施は棚上げにされた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

パキスタン独立決議の関連キーワード新体制運動ウォルシュ喜劇映画中南米映画日中戦争北欧映画国民服トレベリアンビートルズベビン

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone