コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラホール決議 らほーるけつぎ

2件 の用語解説(ラホール決議の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ラホール決議
ラホールけつぎ

パキスタン独立決議」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ラホール決議
らほーるけつぎ
Lahore Resolution

1940年3月パキスタンラホールで開催されたインド・ムスリム連盟大会での歴史的な決議。「パキスタン決議」ともいう。イスラム教徒ムスリム)住民が多数を占める北西部と東部の地帯に「独立の諸国家」をつくり、これらが「自治的で主権をもつ独立した単位を構成する」という分離主義を目標に掲げた。この構成単位が単一の独立国家として明確になるのは、その後の政治的な進展のなかであった。すでにインドのイスラム教徒の政治的地位をめぐって30年代後半から、イスラム教徒中間層の間に、自分たちが文化的に独自の民族として成立するという意識が強まっていたが、この決議はこれを政治的に方向づけた。この決議をめぐってインドのイスラム教徒内部で賛否が分かれ、インド国民会議派系のイスラム教徒は、分離に強く反対し、普通選挙で選出される単一の憲法制定会議の招集を求めたが、分離主義が勢いを得た。[加賀谷寛]
『加賀谷寛・浜口恒夫著『南アジア現代史』(1977・山川出版社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のラホール決議の言及

【パキスタン】より

…この年のムスリム連盟の年次大会で,詩人・思想家イクバールは〈ムスリム国家〉構想を提唱,しかしその内容は不明確な点を含んでいた。40年,同連盟のラホール年次大会で,連盟議長ジンナーは,インドは文化,伝統をまったく異にするヒンドゥー,ムスリム二つの民族から構成されているという〈二民族論〉を打ち出し,これに基づき少数派のムスリムのための分離独立国家の樹立を主張,ラホール決議として採択された。第2次大戦中の42年,インドの政党に戦争への全面的協力を求めたクリップス使節団の提案には,戦後の自治領としての地位付与が含まれており,植民地独立がほぼ確定的となる。…

※「ラホール決議」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone