パクチョイ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

パクチョイ
ぱくちょい / 小白菜
[学]Brassica campestris L. var. chinensis Makino

アブラナ科のツケナ類。中国野菜の一種で、タイサイ(体菜)に似る。タイサイは杓子菜(しゃくしな)あるいは布袋菜(ほていな)の別名もあり、在来品種と思われがちだが、もともとは小白菜(シヤオパイツアイ)の一系で、明治の初めごろに導入された。パクチョイは、中国では華中から華南にかけて周年栽培される主要な葉菜である。日本には昭和50年代から導入され、普及した。中国で扱われる小白菜のなかには、葉柄が浅緑色の青梗菜(チンコンツアイ)(青根菜)やタアサイも含まれるが、日本では葉柄の白い白梗菜(パイコンツアイ)をパクチョイとよぶことが多い。葉長は30~50センチメートルになるが、20~25センチメートルで出荷される。葉は杓子形で、葉身は外側に反り返り、鮮緑色。葉柄は白色。葉は葉柄も柔らかく、くせがなく、すこし甘味があり、火通りも早い。炒(いた)め物、鍋(なべ)物、煮物、スープの実、ひたし物、漬物と料理の範囲は広いが、輸送性と貯蔵性はチンゲンサイにやや劣る。耐暑性があり、夏も栽培が可能。[湯浅浩史]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のパクチョイの言及

【中国野菜】より

…シャオツァイ(紹菜)(イラスト)はハクサイの一種で細長く,タケノコハクサイといわれるもの。パクチョイ(白菜)は体菜類で変種が多く,白軸と青軸とがあり,青軸の方はチンゲンサイ(青梗菜)(イラスト)と呼ばれる。タアサイ(塌菜)はタクツァイ,タクチョイともいい,日本ではキサラギナ(如月菜)という。…

※「パクチョイ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android