コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パクティーアー州 パクティーアーPaktiā

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

パクティーアー〔州〕
パクティーアー
Paktiā

アフガニスタンの東部,パキスタンとの国境に接する州。州都はガルデーズ。大部分は森林の茂る山岳地帯で,インダス川の支流がいくつか東流している。夏季の気候はおだやかだが,冬季は寒さがきびしい。州西部の住民はパシュトゥーン人ギルザーイ族であるが,ほかはそれぞれ独立した数多くの好戦的な小種族がいる。長らく紛争の絶えなかった地帯で,この 100年間のうちでもアフガン戦争の戦場であり,カブールや北インドからの支配者はしばしば武装抵抗に手を焼いた。住民の多くは農業に従事し,牧畜や林業も行われる。カブール,ガズニーに通じる道路はあるが,幹線道路からははずれているため,経済的にはふるわない。面積1万 268km2。人口約 50万。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

パクティーアー州の関連キーワードアフガニスタンホースト

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android