コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パク・トゥジン(朴斗鎮) パク・トゥジンPak Du-jin

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

パク・トゥジン(朴斗鎮)
パク・トゥジン
Pak Du-jin

[生]1916.3.10. 京畿道,安城
朝鮮・韓国の詩人。号,兮山 (ヘサン) 。 1939年『文章』誌にチョン・ジヨン (鄭芝溶) の推薦で登壇。チョ・ジフン (趙芝薫) ,パク・モグォル (朴木月) とともに詩集青鹿集』 (1946) を出して「青鹿派」といわれ,解放直後の詩壇の寵児のひとりとなった。山,太陽などを素材としてすべての根源としての「自然」を再発見したと評価されたが,詩集『太陽』 (49) 以後キリスト教的理想を根底におきつつ社会に対する倫理意識と民族的意志を主調とした作品も数多く発表した。 73~81年,延世大学教授。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

パク・トゥジン(朴斗鎮)の関連キーワードチョン・ジヨン(鄭芝溶)ヘサン

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android