パク・トゥジン(朴斗鎮)(読み)パク・トゥジン(英語表記)Pak Du-jin

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

パク・トゥジン(朴斗鎮)
パク・トゥジン
Pak Du-jin

[生]1916.3.10. 京畿道,安城
朝鮮・韓国の詩人。号,兮山 (ヘサン) 。 1939年『文章』誌にチョン・ジヨン (鄭芝溶) の推薦で登壇。チョ・ジフン (趙芝薫) ,パク・モグォル (朴木月) とともに詩集青鹿集』 (1946) を出して「青鹿派」といわれ,解放直後の詩壇の寵児のひとりとなった。山,太陽などを素材としてすべての根源としての「自然」を再発見したと評価されたが,詩集『太陽』 (49) 以後キリスト教的理想を根底におきつつ社会に対する倫理意識と民族的意志を主調とした作品も数多く発表した。 73~81年,延世大学教授。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

日米安全保障条約

1951年9月8日に対日講和条約と同時に署名された「日本国とアメリカ合衆国との間の安全保障条約」Security Treaty between Japan and the United States ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android