コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鄭芝溶 ていしよう

3件 の用語解説(鄭芝溶の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

鄭芝溶
ていしよう

「チョン・ジヨン (鄭芝溶)」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

鄭芝溶【ていしよう】

朝鮮のモダニズム詩人。1923年同志社大学に留学するころから詩を発表し始め,北原白秋主宰の《近代風景》にも日本語詩を発表する。帰国後は教鞭(きょうべん)をとりながら作詩活動を続け,《郷愁》《海》《白寿山》などが《鄭芝溶詩集》(1935年),《白鹿潭》(1941年)に収められる。
→関連項目九人会

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ていしよう【鄭芝溶 Chŏng Chi‐yong】

1903‐?
朝鮮の詩人。忠清北道生れ。日本の同志社大学英文科卒。1927年ころより詩作を始める。《文章》誌の詩部門推薦人として多くの新人を世に送り出した。《鄭芝溶詩集》(1935),《白鹿譚》(1941)等の詩集がある。言語感覚にすぐれ,朝鮮語の美しさを極限にまで駆使した詩人といわれている。解放後は梨花女子大学校の教授として,また,左翼文壇のリーダーとして活躍。朝鮮戦争のとき越北し,以後消息は不明である。【尹 学 準】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

鄭芝溶の関連キーワード尹東柱金素月忠清北道同志社大学同志社女子大学許南麒滝山徳三金基鎮忠清道趙明熙

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone

鄭芝溶の関連情報