登壇(読み)とうだん

精選版 日本国語大辞典「登壇」の解説

とう‐だん【登壇】

〘名〙 にのぼること。即位受戒などの儀式で定めの場所にのぼること。また、弁士、演説者が演壇にのぼること。
※三代格‐貞観七年(865)三月二五日「結番之場、競上下而闘乱、壇之次、争先後而拏攫」 〔庾信‐擬連珠〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「登壇」の解説

とう‐だん【登壇】

[名](スル)
壇にあがること。特に、演説などのために壇にあがること。「講師登壇する」⇔降壇
受戒のために戒壇にあがること。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「登壇」の解説

【登壇】とうだん

即位・任命などを行う壇に登る。宋・岳飛〔青泥市寺壁に題す〕 雄氣堂堂、斗牛を貫く 誓つて眞を將(もつ)て君讐に報ぜん 頑惡を斬除して車駕さしめん 問はず、登壇の侯

字通「登」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

景気ウォッチャー調査

内閣府が2000年1月から毎月実施している景気動向調査。生活実感としての景況感を調査するのが狙い。具体的にはタクシーの運転手、小売店の店長、娯楽施設の従業員、自動車ディーラー、派遣従業員、設計事務所所...

景気ウォッチャー調査の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android