コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パシュカニス Pashukanis, Evgenii Bronislavovich

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

パシュカニス
Pashukanis, Evgenii Bronislavovich

[生]1891
[没]1937
ソビエト連邦の法学者。1920年代から 1930年代初頭にかけて,共産主義アカデミー副会長,ソビエト連邦司法人民委員代理などを歴任,ソ連法学界で指導的役割を果たした。主著『法の一般理論とマルクス主義』(1924)は,カルル・ハインリヒ・マルクスが『経済学批判』や『資本論』に用いた方法論を法の一般理論に適用し,法形態と商品形態の内的関連を究明したもので,規範的な法の把握に反対し,法を社会関係とみるものである。しかしヨシフ・スターリンやその代弁者アンドレイ・ブイシンスキーらによって法的ニヒリストとして糾弾され,1937年に「人民の敵」として葬られた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

パシュカニス
ぱしゅかにす

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

パシュカニスの関連キーワードコルクノーフマルクス主義2月23日主著歴任

今日のキーワード

フィンテック

IT(情報技術)を駆使した金融サービスの創出のこと。「金融(Financial)」と「技術(Technology)」を組み合わせた米国発の造語で、2008年のリーマンショック以降発展したとされている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android