パスネット

デジタル大辞泉の解説

《〈和〉pass+net》首都圏22社の私鉄地下鉄モノレールで使用できた磁気カード。また、その運用システム。自動券売機で切符を購入する際のプリペイドカードとして利用できるほか、自動改札機を通すと運賃が自動で精算される共通乗車券としての機能があった。商標名。
[補説]平成12年(2000)に導入され、1000円、3000円、5000円の3種類が流通した。PASMO(パスモ)などの普及に伴い、平成27年(2015)3月廃止。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

知恵蔵miniの解説

パスネット協議会に加盟する鉄道22社・局が発行していた磁気式プリペイドカード。事業者により「メトロカード」(東京地下鉄株式会社)、「とーぶカード」(東武鉄道株式会社)など名称は様々。2000年10月に販売が開始されたが、07年3月にサービス開始されたICカード乗車券PASMO」の普及により、08年1月に販売終了となった。同年3月からは自動改札機における使用が終了し、カードの残額全額払い戻し、または「PASMO」への移し替えがなされてきた。以後も、自動券売機でのきっぷ購入などは可能だったが、15年3月31日の終電をもって、すべての機器での使用が終了することとなった。また、カード残額の払い戻し終了は、2018年1月31日となっている。

(2014-12-17)

出典 朝日新聞出版知恵蔵miniについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

オーバーシュート

感染症の爆発的な感染拡大を指す。語源は、「(目標を)通り越す」「(飛行機などが停止位置を)行き過ぎる」という意味の英語の動詞「overshoot」。2019年12月に発生した新型コロナウイルスに関して...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android