コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パズワンドオウル Pazvandoğlu

1件 の用語解説(パズワンドオウルの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

パズワンドオウル【Pazvandoğlu】

1758‐1807
オスマン帝国ブルガリア地方ビディンアーヤーン(名望家)。18世紀初めイエニチェリ出身のパズワンド・アーを祖とする。しだいに有力となりセリム3世の〈ニザーミ・ジェディード(新制)〉に反対する。1795年ベオグラードのハジ・ムスタファ・パシャを攻撃し占領,97年反乱者として,オスマン軍の攻撃を受けるがこれを撃破し,ブルガリア,セルビアワラキアを支配する。ナポレオンエジプト侵入によりオスマン軍の兵力がシリア方面に向けられたため半独立状態を保った。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

パズワンドオウルの関連キーワード並木五瓶(初代)レザーノフスティロライトラテライト株式会社休明光記稲村三伯ウェブスター経済表鯨志

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone