コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パチェーコ

百科事典マイペディアの解説

パチェーコ

スペインの肖像画家,宗教画家。サン・ルカル・デ・バラメダ生れ。イタリア芸術の影響の濃い,いわゆるロマニスムの画家で,ベラスケスの師,義父。著書《絵画論》(1649年)は美術史上重要な文献であり,〈無原罪の御宿り〉の図像を決定するなど同時代の画家に与えた影響は大きい。代表作は《ミゲール・デル・シッドのいる無原罪の御宿り》(1617年ころ,セビリア大聖堂蔵)など。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

パチェーコ【Francisco Pacheco】

1564‐1654
スペインの画家。サンルカル・デ・バラメダに生まれ,セビリャで没。司祭で人文主義者であった叔父に育てられ,絵を学んだ後,フランドルに旅し,セビリャで画家となる。16世紀ローマ派の巨匠たちを礼賛するマニエリストで,晩年は初期バロックの明暗法を感じさせる写実主義に進み,多くの宗教画,肖像画を描いた。ベラスケスの師で義父,異端審問所の絵画審査官でもあった。《絵画論》(1649)を著し,17世紀の宗教図像解釈に大きな影響を与えた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

パチェーコの関連キーワードグレコ(El Greco)11月3日カーノ

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android