パッターニー(英語表記)Pattani

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

パッターニー
Pattani

タイ南部,マレー半島東岸,タイ湾湾口にのぞむ町。パッターニー県の県都。 17世紀にはアユタヤに朝貢する小王国の首都であった。東西交易の要地として繁栄し,インド,中国,日本,ジャワなどの船が集り,オランダ,イギリスの商館もおかれた。 17世紀初期に徳川家康国王親書を送って国交,貿易を要請。朱印船が渡航するようになると在住日本人も多くなり,一時は 200名に達した。周辺地域に産するゴム,スズコプラ,香料などを船積みする。漁業,製塩も盛ん。イスラム教徒マレー人が多く,タイからの分離を求める動きもある。人口2万 9286 (1980) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

フェロー

イギリスではこの呼称は主として次の3つの場合をさす。 (1) 大学の特別研究員 研究費を与えられ,多くは教授,講師を兼ねる。 (2) 大学の評議員 卒業生から選ばれる。 (3) 学術団体の特別会員 普...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android