コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パッハー パッハーPacher, Michael

1件 の用語解説(パッハーの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

パッハー
Pacher, Michael

[生]1435頃.チロルブリクセン近郊ノイシュティフト
[没]1498.8. ブルネック/ザルツブルク
オーストリアの木彫家,画家。 A.マンテーニャや J.ベリーニの影響を受け,1465年頃からブルネックザルツブルクで活躍した後期ゴシック様式の画家。明澄な色彩,堅固な形態,劇的な人物表現,低視点の透視図法に基づく空間構成を特色とする。作品はボーツェンのグリース聖堂の祭壇と祭壇画 (1471~75) ,南ドイツ木彫祭壇の頂点を示すオーストリアのアンベルゼーのザンクト・ウォルフガング聖堂の主祭壇 (78~81) と祭壇画 (83,ミュンヘン,アルテ・ピナコテーク) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

パッハーの関連キーワード奥羽本線秋田新幹線蔭涼軒日録広軌アラスの和約新幹線山形新幹線Nゲージ米軍基地従業員フリーゲージトレイン

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

パッハーの関連情報