コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パッヒャー

2件 の用語解説(パッヒャーの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

パッヒャー

ドイツの画家,彫刻家。ドイツの後期ゴシックを代表する芸術家の一人で,荘重で精巧な木彫の祭壇を残している。聖ウォルフガング聖堂の《マリアの祭壇》(1481年)はその翼部に描かれた絵とともに代表作とされている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

パッヒャー【Michael Pacher】

1435ころ‐98
ドイツの後期ゴシックの画家,彫刻家。おもにチロル地方で活動。彫刻家としては大規模な彩色木彫にすぐれる。ザンクト・ウォルフガング(オーストリア)の教会にある,全高4mに及ぶ祭壇彫刻(1481)は,《マリアの戴冠》を中心に多数の人物像(木彫)を配し,後期ゴシックの荘重な装飾性と人物像における自然主義的表現とが融合した傑作。画家としての代表作はノイシュティフト(オーストリア)の教会のために描かれた《教父の祭壇画》(1483)で,そのモニュメンタルな人物描写や建築表現に見られるすぐれた遠近法的効果は,同時代のイタリア絵画,特に北イタリアで活動したマンテーニャの影響をうかがわせる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

パッヒャーの関連キーワードゴシック体ゴシック小説ションガウアー西ドイツゴシップマールブルクゴシック地区大寺院聖セバルドゥス教会聖ローレンツ教会統一ドイツ

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone