パッポス(読み)ぱっぽす

  • Pappos

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

生没年不詳。ギリシアの数学者。アレクサンドリアの出身で、3世紀後半に活躍。主著『数学集成』Synagōgē8巻(うち2~8巻の大部分が残存)は、当時のギリシアの幾何学の入門書である。そこには、たとえば立方体の倍加とか、二つの比例中項を求める問題などの歴史が丹念に記載されており、すでに解かれた問題でもその別解が与えられ、また問題の拡張などが与えられている。著者は『集成』に掲載の論題を完全に理解し、独自の判断をもっており、その解説も簡潔、明瞭(めいりょう)である。

[平田 寛]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のパッポスの言及

【パップス=ギュルダンの定理】より

…例えば図においてDを半径rの円板とし,Dの中心とlとの距離をa(>r)とすると,Dlのまわりに回転して得られる円環体(ドーナツ状の立体)の体積V,表面積Sはそれぞれ, V=πr2×2πa=2π2ar2 S=2πr×2πa=4π2arで与えられる。 なお,これらの定理は4世紀ころアレクサンドリアのパッポスPappos(ラテン名パップスPappus)が発見,のちギュルダンP.Guldin(1577‐1643)によって再発見された。【伊藤 清三】。…

※「パッポス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ミルクティー同盟

アジア各国の民主化を求める若者によるSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)上での同盟の名称。もともとは香港、台湾、タイなどの若者が自国の民主化を求めて行っていたそれぞれの抗議運動がSNS(ソ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android