コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パトラス

百科事典マイペディアの解説

パトラス

パトレ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

パトラス【Patras】

ペロポネソス半島の西端に位置するギリシア第3の都市。現代ギリシア語ではパートレPátrai,古典式ではパトライPatrai。軽工業を主とし,綿織物,タイヤ,オリーブ油,皮革,ブドウ酒などを産する。人口15万5000(1991)。コリントス湾の入口に面する港としても重要で,イタリア方面,とくにブリンディジからの船はここに入港した後,ピレウスに向かう。古典期の遺跡は海岸から少し奥にあったが,今はアクロポリスの跡が残るばかりで,さして見るべきものはない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

パトラス
ぱとらす
Patras

ギリシア南部、アカイア県の県都パトレーの別称。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のパトラスの言及

【アカイア】より

…険しい山岳が多い。パトラスPatras(現在名パートレPátrai)はペロポネソス最大の都市で,15万5000(1991)の人口を擁し,この地方の商工業の中心地。古代には12の小都市が同盟国家を形成し,初期には南イタリアのシュバリス,クロトン,メタポンティオンなどに植民団を送った。…

【アカイア】より

…険しい山岳が多い。パトラスPatras(現在名パートレPátrai)はペロポネソス最大の都市で,15万5000(1991)の人口を擁し,この地方の商工業の中心地。古代には12の小都市が同盟国家を形成し,初期には南イタリアのシュバリス,クロトン,メタポンティオンなどに植民団を送った。…

※「パトラス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

パトラスの関連キーワードパパンドレウ(Georgios Papandreou)G. パパンドレウギリシア解放戦争ペロポネソス半島レパントの海戦メソロンギオンコルフ[島]アンドレアスバシリアジスナイーマーパラマス

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android