コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パナギアハルケオン教会 パナギアハルケオンキョウカイ

デジタル大辞泉の解説

パナギアハルケオン‐きょうかい〔‐ケウクワイ〕【パナギアハルケオン教会】

Panagia ton ChalkeonΠαναγία των Χαλκέων》ギリシャ北部の港湾都市テッサロニキの市街中心部、エグナティア大通り沿いにある教会。11世紀に内接十字式の平面構成で建造。煉瓦を積み上げた外壁をもち、内部には11世紀から14世紀にかけて描かれたフレスコ画が残っている。中期ビザンチン建築の代表例として知られ、1988年に「テッサロニキの初期キリスト教とビザンチン様式の建造物群」の名称で世界遺産(文化遺産)に登録された。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

パナギアハルケオン教会の関連キーワード橋本登代子メートルトントン動詞アシヌ教会エカトンタピリアニ教会クリサフィティッサ教会パラポルティアニ教会パンタナサ修道院ポディトゥ教会

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android