コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パネトーネ パネトーネ〈イタリア〉panettóne

和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典の解説

パネトーネ【panettone(イタリア)】

イタリアでクリスマスなどに食べるパン菓子。ミラノの名物になっている。小麦粉・砂糖・卵・バター・牛乳などを合わせ、干しぶどうなどのドライフルーツを入れた生地を、パンのようにイーストを用いて発酵させ、ドーム型に焼いたもの。

出典|講談社和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典について | 情報

大辞林 第三版の解説

パネトーネ【panettone】

イタリアの菓子の一。干しぶどう・砂糖漬けの果皮・アーモンドなどが入った半球形のパン。クリスマスに食べる習慣がある。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内のパネトーネの言及

【パン】より

…これに対して,バターや鶏卵をたっぷり加えたブリオシュやクロワッサンなどはリッチなパンという。また,乾果をたっぷり混ぜるイタリアのパネトーネやドイツ系のシュトレンといったものは,菓子パンといったほうがよいが,やはりリッチなパンに属する。英米のものではローフパン(食パン)はリーン,バターロールはリッチに分類される。…

※「パネトーネ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

パネトーネの関連情報