パノプティコン(英語表記)panopticon

翻訳|panopticon

デジタル大辞泉の解説

パノプティコン(panopticon)

英国の哲学者・法学者ジェレミー=ベンサムが考案した円形の監獄。中心に監視塔があり、そのまわりに独房放射状に配したもので、囚人同士の接触はなく、常に看守の監視下にあることを意識させるようになっている。フランスの哲学者ミシェル=フーコーが著書「監獄の誕生」において、少数の権力者が多数の個人を監視する近代の管理社会の起源とみなし、広くその名が知られるようになった。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

パノプティコンの関連情報