看守(読み)かんしゅ

精選版 日本国語大辞典「看守」の解説

かん‐しゅ【看守】

〘名〙 (━する)
① 見まもること。番をすること。また、その人。
※令義解(718)営繕「凡有官船之処〈略〉量遣兵士」 〔福恵全書‐保甲部・守禦救援〕
刑務所で、囚人の監視、使役、監獄事務などにたずさわる職員。刑務官。看守人。
※太政官達第四一号‐明治一五年(1882)七月一七日「巡査看守給助例」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の看守の言及

【刑務所】より

…刑務所生活自体を懲罰的に構成することは,今日では,少なくとも理念的には否定されており,改善更生,社会復帰を目指した処遇が,行刑の具体的内容だといわれることも多い。現存している,一挙手一投足に至る厳格な規律,24時間にわたる監視体制,日課表に従った動作時限により他者(看守)の合図によって活動していく他律的生活などを基本とする実際の拘禁生活が,被収容者に及ぼす影響は拘禁心理学として,また現実の収容生活のありさまは刑務所社会学等の研究対象となる。アメリカ合衆国などでは,インフォーマルな刑務所文化(隠語や特殊な行動規範)の存在や,それが刑務所生活の特殊性から生じたものか,外界の犯罪者文化が持ち込まれたものかなどが議論されている。…

※「看守」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android