コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パピルス柱 パピルスちゅうpapyrus column

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

パピルス柱
パピルスちゅう
papyrus column

建築用語。古代エジプト建築に用いられた柱の一形式。パピルス草を模したもので,柱頭に開いた形 (開花) とすぼんだ形 (なかば開いた花) の2種,柱身に1本ののもの (単身柱) と何本かの茎を束ねた形式のもの (束ね柱) の2種があり,それらの変化した形式を組合せたものもある。特に新王国時代神殿建築に多く用いられたが,古王国時代のピラミッド内部に起源を発している。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

パピルス柱【パピルスちゅう】

古代エジプト建築で用いられた円柱で,パピルスの茎,花,蕾(つぼみ)を模したもの。柱頭と柱身の境界帯状装飾があり,柱身の下部は細くなっている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内のパピルス柱の言及

【パピルス】より

…この信仰は聖書伝説にも持ちこまれ,幼いモーセがパピルスの籠に入れられて護られたという話(《出エジプト記》2:3)にもなっている。なお,パピルスの形を模した石柱は〈パピルス柱〉と呼ばれ,エジプトの神殿にしばしば用いられている。また紙を意味する英語paper,フランス語papierなどは,このパピルスに由来する。…

※「パピルス柱」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

パピルス柱の関連キーワードルクソール神殿多柱室

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

パピルス柱の関連情報