コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パラフィノーマ ぱらふぃのーま

1件 の用語解説(パラフィノーマの意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

ぱらふぃのーま【パラフィノーマ】

 美容整形のために、顔や乳房に注入されたパラフィンに対して、生体が反応してできた皮膚のしこりです。パラフィン注入は、第二次大戦後によく行なわれましたが、その後、シリコン類に替わったため、この病気は減っています。
 パラフィンに反応する細胞は組織球といわれ、炎症のときに局所に集まる細胞です。ですから、この病気は、皮膚を構成する細胞が増殖して生じる良性腫瘍りょうせいしゅよう)とは異なります。
 治療は、しこりの部分を切除します。自然に消えることはありません。
 パラフィン注入後に、膠原病(こうげんびょう)のような症状が出た例(ヒトアジュバント病)も報告されています。パラフィノーマが疑われる場合は、皮膚科、または形成外科を受診しましょう。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

パラフィノーマの関連キーワード女性化乳房美容美容整形美容皮膚医療整形手術美容外科美容術エリーゼのために付鼻乳房炎乳

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone