美容整形(読み)びようせいけい(英語表記)cosmetic surgery

百科事典マイペディアの解説

容姿を美しくするため形成外科的な手技を用いるもの。二重まぶた,皮膚のしわとり,隆鼻,豊胸などの手技がある。形成外科と異なり,正常な組織手術を施すもので,医療法などに定められる正規の診療科ではない。豊胸術などではケイ素樹脂など異物注入のため弊害を生じることがある。しばしば整形外科と混同される。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 美容を目的とする特殊外科。隆鼻術、豊胸術、二重まぶたにする手術などで知られる。美容外科。
※他人の顔(1964)〈安部公房〉黒いノート「第一、美容整形などということが成り立つわけがない」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の美容整形の言及

【美容】より

… 今日では化粧品を用いて彩るメーキャップ,市販の化粧品や自然の素材を顔や体に塗りパック,マッサージを行う皮膚美容,シャンプー,パーマネント・ウェーブ,染毛などの毛髪美容,マッサージや機器を用いて行うエステティック(美顔術,全身美容)や美容体操,さらにはビタミン剤などの美容食品や健康食品など《美容》の範囲は広がっている。 一方,隆鼻術,二重まぶた,豊頰(ほうきよう),除皺(じよしゆう),脱毛,乳房整形などを行う美容整形は,医学界でも技術の進歩とともに精神的苦痛を除去するという必要性が認められ,1978年に形成外科の診療科目に加えられている。 なお美容の歴史については〈髪形〉〈髪結〉〈化粧〉ほかの項目を参照されたい。…

【美容外科】より

… 美容外科では,目(一重まぶたを二重まぶたに),鼻(隆鼻,かぎ鼻の修復),しわとり,乳房(乳房の拡大,縮小,修正)などが扱われるが,形成外科でも行われる瘢痕(はんこん)やケロイド,あざ,ほくろなどの除去,外陰部の奇形などに対する修復など,形成外科や皮膚科など他領域で行われる治療も行われることがある。 なお,類似の言葉として〈整形外科〉〈美容整形〉などがあり,一般に混乱して用いられることがあるが,整形外科は,主として骨,関節の病気を扱う外科であり,美容外科とは別の領域をさす。一時,一部の医師たちがこの語を用いて美容外科の広告を行ったため,混乱を生んだ。…

※「美容整形」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ミルクティー同盟

アジア各国の民主化を求める若者によるSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)上での同盟の名称。もともとは香港、台湾、タイなどの若者が自国の民主化を求めて行っていたそれぞれの抗議運動がSNS(ソ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

美容整形の関連情報