コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パリクティン[山] パリクティン

2件 の用語解説(パリクティン[山]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

パリクティン[山]【パリクティン】

メキシコ中部,メキシコ市西方約300kmの活火山。標高2810m。1943年約2000mの高原にある畑に裂け目を生じ,溶岩と火山灰を噴出して数年の間に成層火山を形成した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

パリクティン[山]【Parícutin】

メキシコ南部ミチョアカン州にある標高3170mのスコリア丘で,現代に生じた新山として著名である。北海道昭和新山も,ほぼ同時期(1943‐45)に生じたが,これは溶岩円頂丘である。同地の農夫プリドは,1943年2月初めから地震を感じていたが,2月20日朝,彼の畑で長さ25mの地割れに気づいた。彼が村の役所に報告して帰ってみたら,割れ目から火山灰が噴出しており,その夜には赤熱岩片も噴出した。翌朝には高さ10m,1週間後には165m,1年後には300m,ついには底面直径650m,高さ400mのスコリア丘に成長した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

パリクティン[山]の関連キーワードパツクアロメキシコ湾メキシコ湾流モレリアアメリカメキシコ戦争ニューメキシコメキシコ銀メキシカンメキシコ・セットモレリア歴史地区

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone