コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

赤外線天体 せきがいせんてんたい

3件 の用語解説(赤外線天体の意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

せきがいせんてんたい【赤外線天体】

赤外線を強く放射している天体。セイファート銀河や準星など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

せきがいせんてんたい【赤外線天体 infrared sources】

赤外線を放出する天体の総称。赤外線星ともいう。1960年代初頭,カリフォルニア工科大学のレイトンR.B.Leighton,ノイゲバウァーG.Neugebauerらは波長2μmで全天の観測を行い,赤外線の非常に強い天体を数多く発見した。これら天体の多くは,その後のスペクトル観測の結果,温度が1000K以下の低温度の天体であることがわかった。この放射は星をとりまく塵粒子(星間塵)が星の光を吸収し,あらためて波長の長い赤外線として再放出するものと考えられている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

赤外線天体
せきがいせんてんたい

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

赤外線天体の関連キーワード遠赤外線近赤外線赤外線フィルム赤外線マウス赤外線療法中赤外線赤外検出器赤外線乾燥水分計赤外線灯赤外線分光光度計