赤外線天体(読み)せきがいせんてんたい

大辞林 第三版の解説

せきがいせんてんたい【赤外線天体】

赤外線を強く放射している天体。セイファート銀河や準星など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

せきがいせんてんたい【赤外線天体 infrared sources】

赤外線を放出する天体の総称。赤外線星ともいう。1960年代初頭,カリフォルニア工科大学のレイトンR.B.Leighton,ノイゲバウァーG.Neugebauerらは波長2μmで全天の観測を行い,赤外線の非常に強い天体を数多く発見した。これら天体の多くは,その後のスペクトル観測の結果,温度が1000K以下の低温度の天体であることがわかった。この放射は星をとりまく塵粒子(星間塵)が星の光を吸収し,あらためて波長の長い赤外線として再放出するものと考えられている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android