コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パリス父子 パリスふし

1件 の用語解説(パリス父子の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

パリスふし【パリス父子】

フランスの学者父子。父ポーランPaulin Paris(1800‐81)は中世文学者。マルヌ県アブネに公証人の子として生まれ,パリで法律を学んだが,文学好きでバイロン全集の翻訳を試み,《ロマン派の擁護》(1824)を著した。生活上の必要から王立図書館の司書となり(1826),中世フランス語の古写本を読んで習熟し,《大足のベルト》ロレーヌガラン》《アンティオキア物語》などを刊行,中世フランス語写本の7巻の解説目録で高い評価を受けた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

パリス父子の関連キーワードイギリス映画映画保存ジャンパウルポールとビルジニーSOX法ジャン・パウルビートルズレッド・ツェッペリンロイター[会社]ワルデン反転

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone