パリス父子(読み)パリスふし

世界大百科事典 第2版の解説

フランスの学者父子。父ポーランPaulin Paris(1800‐81)は中世文学者。マルヌ県アブネに公証人の子として生まれ,パリで法律を学んだが,文学好きでバイロン全集の翻訳を試み,《ロマン派擁護》(1824)を著した。生活上の必要から王立図書館の司書となり(1826),中世フランス語の古写本を読んで習熟し,《大足のベルト》《ロレーヌガラン》《アンティオキア物語》などを刊行,中世フランス語写本の7巻の解説目録で高い評価を受けた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

オーバーシュート

感染症の爆発的な感染拡大を指す。語源は、「(目標を)通り越す」「(飛行機などが停止位置を)行き過ぎる」という意味の英語の動詞「overshoot」。2019年12月に発生した新型コロナウイルスに関して...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android