コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パリス父子 パリスふし

世界大百科事典 第2版の解説

パリスふし【パリス父子】

フランスの学者父子。父ポーランPaulin Paris(1800‐81)は中世文学者。マルヌ県アブネに公証人の子として生まれ,パリで法律を学んだが,文学好きでバイロン全集の翻訳を試み,《ロマン派の擁護》(1824)を著した。生活上の必要から王立図書館の司書となり(1826),中世フランス語の古写本を読んで習熟し,《大足のベルト》《ロレーヌガラン》《アンティオキア物語》などを刊行,中世フランス語写本の7巻の解説目録で高い評価を受けた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

パリス父子の関連キーワードストランドノエル・ポール ストゥーキーアンフォルメルイギリス映画ウィグナー映画保存カル田中敦子ノバルティスパストリアス

今日のキーワード

フェイクニュース大賞

第45代米国大統領のドナルド・トランプが、自らについての報道の中で事実と異なる不公平な報道をしたと主張する、2017年のニュースに贈った賞。18年1月17日に自身のTwitterで発表し、共和党のウェ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android