コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パレンケ遺跡 パレンケいせきPalenque

2件 の用語解説(パレンケ遺跡の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

パレンケ遺跡
パレンケいせき
Palenque

マヤ文明古典期後期 (600~900) の都市遺跡。メキシコチアパス州の密林地帯にある。宮殿や神殿の壁面を飾る化粧漆喰の浮彫像は,パレンケ固有の様式を示す。特に「碑文の神殿」のピラミッド内に造られた石室墳墓は,アメリカ大陸では珍しい例である。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界の観光地名がわかる事典の解説

パレンケいせき【パレンケ遺跡】

メキシコのチアパス州パレンケにある遺跡。湿潤平原を見下ろす山すそに位置し、世界遺産に登録されている。紀元前300年ごろに起こり、7世紀ごろには各地から巡礼者が集まる聖都として栄えた。1952年、メキシコ人考古学者アルベルトルースパレンケ遺跡の碑銘の神殿内部に王墓を発見し、マヤ古典期の最高傑作とされるマヤ遺跡のなかでも最も美しい都市遺跡といわれる。

出典|講談社
世界の観光地名がわかる事典について | 情報

パレンケ遺跡の関連キーワードマヤ文化低圧線防衛計画の大綱朝日訴訟全国丼サミット連帯債務朝日訴訟朝日訴訟万年山バナー広告

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

パレンケ遺跡の関連情報