コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パレンケ遺跡 パレンケいせき Palenque

2件 の用語解説(パレンケ遺跡の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

パレンケ遺跡
パレンケいせき
Palenque

マヤ文明古典期後期 (600~900) の都市遺跡。メキシコチアパス州の密林地帯にある。宮殿や神殿の壁面を飾る化粧漆喰の浮彫像は,パレンケ固有の様式を示す。特に「碑文の神殿」のピラミッド内に造られた石室墳墓は,アメリカ大陸では珍しい例である。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界の観光地名がわかる事典の解説

パレンケいせき【パレンケ遺跡】

メキシコのチアパス州パレンケにある遺跡。湿潤平原を見下ろす山すそに位置し、世界遺産に登録されている。紀元前300年ごろに起こり、7世紀ごろには各地から巡礼者が集まる聖都として栄えた。1952年、メキシコ人考古学者アルベルトルースパレンケ遺跡の碑銘の神殿内部に王墓を発見し、マヤ古典期の最高傑作とされるマヤ遺跡のなかでも最も美しい都市遺跡といわれる。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

パレンケ遺跡の関連キーワードメキシコ銀トゥーラ遺跡パレンケボナンパック遺跡メキシカンヤシュチランメキシコ・セットメキシコのダンスチアパス[州]古代都市パレンケと国立公園

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

パレンケ遺跡の関連情報