コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パンテレーエフ パンテレーエフ Panteleev

2件 の用語解説(パンテレーエフの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

パンテレーエフ
パンテレーエフ
Panteleev

[生]1908.8.22. ペテルブルグ
ソ連の作家。本名 Aleksei Ivanovich Eremeev。軍人の家に生れ,内戦中に孤児となった。第1作『シキド共和国』 Respublika Shkid (1927) が M.ゴーリキーに絶賛され,文壇にデビュー

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

パンテレーエフ
ぱんてれーえふ
Леонид Пантелеев Leonid Panteleev
(1908―1987)

ロシアの児童文学作家。本名はアレクセイ・イワノビッチ・エレメーエフАлексей Иванович Еремеев/Aleksey Ivanovich Eremeev。ペテルブルグの軍人の家庭に生まれる。革命後、国内戦の混乱期に浮浪児となり、13歳のとき浮浪児収容施設「シキット」に入れられる。このときの体験を友人ベルィフГригорий Георгиевич Белых/Grigoriy Georgievich Belh(1906―38)と共作した処女作『シキット共和国』(1927)は、ゴーリキーの絶賛を受けた。同じく施設での体験を描いた短編『金時計』(1928)も有名。ほかに長編自伝小説『リョーニカ・パンテレーエフ』(1939)、短編『公用封書』(1932)、姉妹の物語『ベーロチカとタマーロチカのおはなし』(1940)など。[内田莉莎子・長谷見一雄]
『アレクセイ・パンテレーエフ著、北畑静子訳『児童文学作家の育児日記 うちのマーシャ』(1979・冨山房) ▽アレクセイ・パンテレーエフ著、北畑静子・服部素子訳、中島保彦・絵『うそつきワロージャ』(1981・大日本図書) ▽L・パンテレーエフ作、内田莉莎子訳、浜田洋子・絵『ベーロチカとタマーロチカのおはなし』(1996・福音館書店) ▽L・パンテレーエフ著、佐野朝子訳『金時計』(岩波少年文庫)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

パンテレーエフの関連キーワードペテルブルグペトログラードПетербургサンクトペテルブルグ要塞ペテルスブルクサンクトペテルブルグテレビタワーペテルブルグから来た男ペテルブルグ・ソビエトペテルブルグ大学《ペテルブルグ夜話》

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone