コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パンテレーエフ Panteleev

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

パンテレーエフ
Panteleev

[生]1908.8.22. ペテルブルグ
ソ連の作家。本名 Aleksei Ivanovich Eremeev。軍人の家に生れ,内戦中に孤児となった。第1作『シキド共和国』 Respublika Shkid (1927) が M.ゴーリキーに絶賛され,文壇にデビュー。中編『金時計』 Chasy (28) でも新しい生活に目ざめていく浮浪児を描いた。内戦を描いた短編『小包』 Paket (32) は代表作で,『誓って』 Chestnoe slovo (41) などの児童文学の傑作も数多い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

パンテレーエフ
ぱんてれーえふ
Леонид Пантелеев Leonid Panteleev
(1908―1987)

ロシアの児童文学作家。本名はアレクセイ・イワノビッチ・エレメーエフАлексей Иванович Еремеев/Aleksey Ivanovich Eremeev。ペテルブルグの軍人の家庭に生まれる。革命後、国内戦の混乱期に浮浪児となり、13歳のとき浮浪児収容施設「シキット」に入れられる。このときの体験を友人ベルィフГригорий Георгиевич Белых/Grigoriy Georgievich Belh(1906―38)と共作した処女作『シキット共和国』(1927)は、ゴーリキーの絶賛を受けた。同じく施設での体験を描いた短編『金時計』(1928)も有名。ほかに長編自伝小説『リョーニカ・パンテレーエフ』(1939)、短編『公用封書』(1932)、姉妹の物語『ベーロチカとタマーロチカのおはなし』(1940)など。[内田莉莎子・長谷見一雄]
『アレクセイ・パンテレーエフ著、北畑静子訳『児童文学作家の育児日記 うちのマーシャ』(1979・冨山房) ▽アレクセイ・パンテレーエフ著、北畑静子・服部素子訳、中島保彦・絵『うそつきワロージャ』(1981・大日本図書) ▽L・パンテレーエフ作、内田莉莎子訳、浜田洋子・絵『ベーロチカとタマーロチカのおはなし』(1996・福音館書店) ▽L・パンテレーエフ著、佐野朝子訳『金時計』(岩波少年文庫)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

パンテレーエフの関連キーワードグリーン(Aleksandr Stepanovich Grin)レオニド パンテレーエフ

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android