冨山房(読み)ふざんぼう

日本大百科全書(ニッポニカ)「冨山房」の解説

冨山房
ふざんぼう

1886年(明治19)坂本嘉治馬(かじま)(1866―1938)が小野梓(あずさ)の東洋館を継いで創業した出版社。当初は古本販売のかたわら出版を手がけ、天野為之(ためゆき)著『万国歴史』、坪内逍遙(しょうよう)著『国語読本』など小・中学校の教科書出版で著名であった。のちには吉田東伍(とうご)著『大日本地名辞書』、上田万年(かずとし)・松井簡治(かんじ)著『大日本国語辞典』、大槻文彦(おおつきふみひこ)著『大言海』、『国民百科大辞典』など辞典出版において名を高めた。またドイツのレクラム文庫をとった「袖珍(しゅうちん)名著文庫」は、高尚で多彩な内容にあわせ、瀟洒(しょうしゃ)な装丁によって評判であった。第二次世界大戦後は辞典類をいち早く復刊、続いて大学教科書などを出版した。以来、社会科学・自然科学分野の学術書、芸術・文学・児童書に及ぶ出版を行っている。

[大久保久雄]

『冨山房編・刊『冨山房五十年』(1933)』『『坂本嘉治馬自伝』(1939・冨山房)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android