コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パンノンハルマ修道院 パンノンハルマしゅうどういんPannonhalmi Fõapátság

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

パンノンハルマ修道院
パンノンハルマしゅうどういん
Pannonhalmi Fõapátság

ハンガリー北西部,小アルフルド平野に位置するジェール近郊の丘に立つ同国ベネディクト会総本山の修道院。 969年の創設であるが,その後も増改築を重ね,1224年から 20世紀まで続いた修復工事によって今日みられる後期ロマネスク様式の建物が完成した。 15世紀初め頃には名実ともに国内ベネディクト会の総本山となり,中央ヨーロッパの文化に大きな影響力をもった。宗教書のみならず古代ハンガリー語の文書や国家の歴史書などを収めた文書館,18世紀の名匠の作品を集めた絵画館,19世紀中期に建てられた高さ 55mの時計塔をもつ。 1996年世界遺産の文化遺産に登録。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

パンノンハルマ‐しゅうどういん〔‐シウダウヰン〕【パンノンハルマ修道院】

Pannonhalmi Főapátság》ハンガリー北西部の町パンノンハルマにある同国初のベネディクト修道会の修道院。10世紀末に創設され、13世紀に初期ゴシック様式のバシリカ式聖堂(壁の一部は12世紀のもの)が建造された。マジャール語最古の文書を所蔵する古文書館、約35万冊の蔵書を誇る図書館、18世紀建造のバロック様式の食堂などがある。1996年、「パンノンハルマのベネディクト会修道院とその自然環境」の名称で世界遺産(文化遺産)に登録された。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

パンノンハルマ修道院の関連キーワードバロック様式

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android