パンノンハルマ(英語表記)Pannonhalma

百科事典マイペディアの解説

パンノンハルマ

ハンガリー北西部の都市ジェール近郊にある町。996年にこの地に定住したベネディクト会修道士たちが丘の上に創建した修道院がある。ゲーザ公とその子イシュトバーン1世の保護のもと,修道士たちはハンガリー最初の学校も創設,中央ヨーロッパの学問・文化の振興に寄与した。1224年に後期ロマネスク様式に改築された部分が今も残る。19世紀半ばには高さ55mの時計塔も建造。学校や修道院は現在も使われている。修道院とその自然環境は1996年,世界文化遺産に登録。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android