パーソンズタービン(読み)ぱーそんずたーびん(英語表記)Parsons' turbine

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

パーソンズタービン
ぱーそんずたーびん
Parsons' turbine

円筒の周囲に多数の羽根を何列にも植え付け、固定羽根をもったケースの中に入れた構造の蒸気タービンの一種。1884年、イギリスのC・A・パーソンズの発明による。ノズルはなく、蒸気は多数の羽根の間を膨張しながら通過する反動型蒸気タービンで、発電機駆動用として製作された。軸流反動タービンの代表的なもので、火力発電所などで広く使用されている。[中山秀太郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

フェロー

イギリスではこの呼称は主として次の3つの場合をさす。 (1) 大学の特別研究員 研究費を与えられ,多くは教授,講師を兼ねる。 (2) 大学の評議員 卒業生から選ばれる。 (3) 学術団体の特別会員 普...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android