コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パート年金拡大 ぱーとねんきんかくだい

1件 の用語解説(パート年金拡大の意味・用語解説を検索)

知恵蔵2015の解説

パート年金拡大

パート労働者がもっと厚生年金に加入できるようにすること。政府が2007年4月に決め、被用者年金を一元化するための年金改革法案に盛り込んだ。パート労働者はこれまで正社員の4分の3、週30時間以上働かないと厚生年金に入れず、国民年金か夫の厚生年金の第3号被保険者になっていた。これを改め、週20時間以上働き、(1)月収9万8000円以上(2)勤続期間1年以上(3)従業員300人超の企業、の条件を満たせば厚生年金に加入できるようにする。安倍首相の再チャレンジ支援の1つと位置づけられ、初めは週20〜30時間働く約310万人のパートを対象としていた。しかし、外食や小売りなどパートに頼る業界や、新たに保険料の負担が必要になる第3号被保険者のパートが反発し、厳しい条件が加えられ、対象者は10万〜20万人にとどまり、格差是正の意義は弱くなった。

(梶本章 朝日新聞記者 / 2008年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

パート年金拡大の関連キーワード厚生年金厚生年金保険法国民年金基金第3号被保険者遺族厚生年金障害厚生年金低年金厚生年金の受給資格社会保険の加入義務厚生年金の対象事業所

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone