コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒ(砒)素中毒 ひそちゅうどく

百科事典マイペディアの解説

ヒ(砒)素中毒【ひそちゅうどく】

ヒ素化合物の誤飲や吸入などによる中毒。急性中毒は無機ヒ素化合物(亜ヒ酸など)の誤飲によるものが多く,急性胃腸炎を起こし,嚥下(えんげ)困難,嘔吐(おうと),下痢,発疹などを呈し,ショクや麻痺が起こって死に至ることもある。治療は胃洗浄,催吐剤やバル(BAL)の投与など。慢性中毒では食欲不振,嘔吐,下痢,発疹,角質増殖,色素沈着,神経症状などをきたす。治療は酸化マグネシウムなどの投与。
→関連項目森永ヒ(砒)素ミルク中毒事件

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android