コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

酸化マグネシウム さんかマグネシウム magnesium oxide

8件 の用語解説(酸化マグネシウムの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

酸化マグネシウム
さんかマグネシウム
magnesium oxide

化学式 MgO。苦土,マグネシアと俗称され,天然にはペリクレースとして産出する。無色粉末。空気中では水と二酸化炭素を吸収する。融点 2830℃,沸点 3600℃。水に難溶であるが,酸には易溶。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

さんか‐マグネシウム〔サンクワ‐〕【酸化マグネシウム】

マグネシウムを空気中で燃焼させると生じる白色の粉末。水に徐々に溶ける。耐火材・マグネシアセメント原料・触媒医薬品などに用いる。化学式MgO 苦土。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

酸化マグネシウム【さんかマグネシウム】

化学式はMgO。融点2800℃,沸点3600℃。マグネシア,苦土とも。無色無定形粉末。水とは徐々に反応して水酸化マグネシウムとなるが酸には易溶。耐火煉瓦,マグネシアセメント,吸着剤,触媒,制酸剤などに使用。
→関連項目石灰肥料耐火物

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

栄養・生化学辞典の解説

酸化マグネシウム

 MgO (mw40.30).胃酸を抑制したり,緩下剤に用いる.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラスの解説

酸化マグネシウム

マグネシウム酸化物。薬剤では制酸作用があり、胃薬などに含有。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

さんかマグネシウム【酸化マグネシウム magnesium oxide】

化学式MgO。マグネシアmagnesia,苦土ともいう。金属マグネシウム炭酸マグネシウム,硝酸マグネシウムなどを熱すると得られる。白色の粉末,融点2800℃,沸点3600℃,比重3.65。Mg2+とO2-から成るNaCl型のイオン結晶で,カルシウムバリウムのような他のアルカリ土類金属元素の酸化物よりも反応性に乏しく,水にはごくわずかに溶けてアルカリ性を示すにすぎない。また酸とは容易に反応してその塩になるが,それらの中には比較的容易に熱分解してMgOにもどるものも少なくない

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

さんかマグネシウム【酸化マグネシウム】

マグネシウムを酸素中で燃焼させたときに生じる白色粉末状。化学式 MgO 高温用炉材や坩堝るつぼ・セメントなどの製造に用い、胃腸薬など医薬に使うほか白色の標準物質に用いる。苦土。マグネシア。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

酸化マグネシウム
さんかまぐねしうむ
magnesium oxide

マグネシウムと酸素の化合物。苦土(くど)ともいい、工業製品をマグネシア、医薬品をマグネシアウスタともいう。
 金属マグネシウムを空気中で熱すると得られるが、工業的には、炭酸マグネシウム(マグネサイト)、水酸化炭酸マグネシウム、水酸化マグネシウムなどを(かしょう)して製造する。白色結晶性固体。化学的には比較的不活性で、高温処理したものはとくにこの傾向が著しい。水にわずかにしか溶けないが、希酸には溶ける。空気中で水および炭酸ガスを吸収し、徐々に水酸化炭酸マグネシウムとなる。可視および近紫外光に対する反射能がきわめて大きく、光学機械の反射体、あるいは白色標準として用いられる。工業的には、マグネシアセメントの原料、製鋼炉材、耐火れんがの原料として重要である。ゴム配合剤、医薬(制酸剤、緩下剤)としての用途もある。[鳥居泰男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の酸化マグネシウムの言及

【制酸薬】より


[局所性制酸薬]
 塩酸中和後も消化管から吸収されにくい化合物で,粘膜の被覆作用もある。酸化マグネシウム炭酸カルシウム,水酸化アルミニウムゲル,胃粘膜ムチン,イオン交換樹脂など。二次性酸分泌亢進は起こしにくく,制酸薬として好ましい条件を備えたものが多い。…

※「酸化マグネシウム」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

酸化マグネシウムの関連キーワード水酸化マグネシウムマグネシアマグネシアセメント高マグネシウム血低マグネシウム血マグネシウム前縁高マグネシア安山岩マグネシア・アルバマグネシア砥石マグネシア煉瓦

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

酸化マグネシウムの関連情報