コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒエンソウ(飛燕草) ヒエンソウConsolida ambigua; rocket larkspur

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヒエンソウ(飛燕草)
ヒエンソウ
Consolida ambigua; rocket larkspur

キンポウゲ科の越年草で,チドリソウともいう。ヨーロッパ原産で,日本には明治初期に渡来し,観賞用の草花として植えられるようになった。茎は直立,上部ではよく分枝し,わずかに短毛が生える。葉は掌状に3裂し,各裂片はさらに2~3回細裂し,終裂片は狭線形になる。初夏に,茎頂に総状花序を直立して多数の花をつける。花色は通常青紫色であるが,淡紫色,淡紅色,白色のものもあり,また八重咲きもある。萼片は5枚で大小不同で,いちばん大きなものには長い距がある。果実は長楕円形で密に毛のある袋果。種子は有毒アルカロイドを含み,防蚊剤として皮膚の外用薬にされる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ヒエンソウ(飛燕草)の関連キーワードデルフィニウムキンポウゲ科

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android