コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒオウギアヤメ(桧扇菖蒲) ヒオウギアヤメIris setosa

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヒオウギアヤメ(桧扇菖蒲)
ヒオウギアヤメ
Iris setosa

アヤメ科多年草。本州中部以北,北海道,千島,サハリン朝鮮半島東シベリアアリューシャンアラスカに分布し,湿原や河川流域に生える。地下茎は長く横たわる。葉は長さ 20~40cmで幅広く,中肋は目立たない。花茎は 50~90cmで,包葉が2~3枚あり枝を1~3本出す。花期は6~8月で,径 8cmの青紫色花を平開する。外花被片は開出して垂れ下がり,爪部は黄白色で紫脈が目立つ。内花被片は著しく小型で長さ約 1cm,先は芒 (のぎ) 状にとがる。花柱の先は2深裂し,裂片には鋸歯がある。和名は花がアヤメに,葉がヒオウギ (檜扇) に似ることによる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android