コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒオウギ

百科事典マイペディアの解説

ヒオウギ

本州〜沖縄,東アジアに自生するアヤメ科の多年草,長さ30〜50cmの広剣状の葉は左右交互に扇形に並び,茎は枝を分けて1m内外の高さになる。花は夏,枝頂につき,径約5cm,花被片6個で黄赤色,内面に赤色の斑点がある。
→関連項目アヤメ

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ヒオウギ【blackberry lily】

アヤメ科の宿根性多年草(イラスト)。日本,中国大陸の原産で,本州,四国,九州の山地に野生する。園芸的にも栽培され,矮性(わいせい)でつまって生育するダルマヒオウギが多く栽培される。短い根茎があり,匍匐(ほふく)枝を生じて殖える。葉は幅の広い扁平な剣状葉を密に互生し,やや白粉を帯びる。7~8月ごろ,高さ50~90cmの花茎を出し,花梗は数多く分枝して,先端に平開する6弁花を開く。花径は5~6cm,花色は黄橙~赤橙色で,赤色の小斑点がある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヒオウギ
ひおうぎ / 檜扇
[学]Belamcanda chinensis (L.) DC.

アヤメ科の多年草。春に短い根茎から短剣状の葉を互生し、名のごとく扇形になり、ややねじれる性質がある。夏、葉の間から高さ約1メートルの茎を出し、頂上で分枝し、径5~7センチメートルで斑点(はんてん)のある橙黄(とうこう)色花を数個開く。花被片(かひへん)は5センチメートル、6枚で平開する。花期後に果実を結び、秋に熟すと裂開し、光沢のある種子が現れる。長い間落ちずに残る、この真っ黒な種子をうばたま(烏羽玉)、ぬばたま(射干玉)といい、黒いものや夜を形容する枕詞(まくらことば)となった。西日本から中国大陸に分布し、昔から庭の草花として植えられ、切り花栽培も盛んである。黄色花や桃色花のもの、ダルマとよばれる矮性(わいせい)品種が園芸品として栽培される。日当りのよい場所で堆肥(たいひ)を十分施して植え付け、3年ほどで株分けする。[鳥居恒夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ヒオウギの関連キーワードヒオウギズイセン(桧扇水仙)射干玉・野干玉・烏玉・烏珠ヒオウギアヤメ(桧扇菖蒲)北オホーツク道立自然公園利尻礼文サロベツ国立公園徳島県名西郡神山町厚岸道立自然公園ヒオウギアヤメモントブレチア北浜原生花園八島ヶ原湿原クロコスミアワットソニアワトソニア霧多布湿原射干・野干秋の七草天塩平野檜扇菖浦猫魔ヶ岳

今日のキーワード

阪神園芸

阪神電気鉄道株式会社の子会社で、兵庫県西宮市に本社を置く造園会社。正式名称は「阪神園芸株式会社」。1968年に設立された。環境緑化工事の施工・維持管理、公園植栽などの管理、観葉植物のリースといった業務...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ヒオウギの関連情報