コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒオウギ(檜扇)(読み)ヒオウギ(英語表記)Belamcanda chinensis; blackberry lily

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヒオウギ(檜扇)
ヒオウギ
Belamcanda chinensis; blackberry lily

アヤメ科の多年草朝鮮半島,中国,インド北部にまで分布し,西日本の海岸や山の草地に生える。地下茎は短くはい,茎は直立して上で分枝する。葉は2列に互生し斜めに剣状につく。多少白っぽい。花は8~9月頃に咲く。6枚の花被片は水平に開き,黄赤色で内面に濃い紅点がたくさんある。果実は長さ約 3cmのふくらんだ楕円体の 蒴果で,光沢のある球形種子が入っている。この黒色の種子を「うばたま」または「ぬばたま」という。観賞用として一般に栽培される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android