ヒカゲツツジ(読み)ひかげつつじ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヒカゲツツジ
ひかげつつじ / 日陰躑躅
[学]Rhododendron keiskei Miq.

ツツジ科の常緑低木。高さ1~2メートル。葉は枝先に集まって互生し、長楕円(ちょうだえん)形または披針(ひしん)形で長さ4~8センチメートル、裏面は淡褐色で密に腺状鱗毛(せんじょうりんもう)がある。4~5月、枝先に漏斗(ろうと)状鐘形の淡黄緑色花を2~5個開く。花冠は径3~4センチメートルで5中裂し、外面に腺状鱗毛を散生する。雄しべは10本。子房に腺状鱗毛がある。山地の崖(がけ)などの斜面に生え、関東地方以西の本州から九州に分布。変種ウラジロヒカゲツツジは葉裏は、ろう質粉白色で関東地方にまれに生育する。庭木や盆栽にする。[小林義雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のヒカゲツツジの言及

【ツツジ(躑躅)】より

… ツツジ属Rhododendronは一般に,落葉性のツツジ類と常緑性のシャクナゲ類に分けられる。しかし日本では昔から,シャクナゲの名はホンシャクナゲの仲間のみに使われ,常緑であってもヒカゲツツジやゲンカイツツジはシャクナゲとは呼ばれなかった。ヨーロッパには中国やヒマラヤから常緑性のものが入って園芸化され,ロードデンドロンrhododendronの名は常緑性のものに使われた。…

※「ヒカゲツツジ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

フェロー

イギリスではこの呼称は主として次の3つの場合をさす。 (1) 大学の特別研究員 研究費を与えられ,多くは教授,講師を兼ねる。 (2) 大学の評議員 卒業生から選ばれる。 (3) 学術団体の特別会員 普...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android