コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒチョン(煕川)市 ヒチョンHǔich'ǒn

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヒチョン(煕川)〔市〕
ヒチョン
Hǔich'ǒn

北朝鮮,チャガン (慈江) 道の南西部にある工業都市。 1967年市制。チョンチョン (清川) 江上流のヒチョン盆地にある。マンポ (満浦) 鉄道が通り,自動車道も四通していて,道の南の出入口にあたる。清塞,威州などと呼ばれていたが,1217年高麗軍が契丹軍の侵入を阻止した地として知られ,15世紀に現在名に改称された。朝鮮戦争中に機械工業都市としての基礎ができあがり,その後急速に発展。工作機械,旋盤ボール盤,精密機械,テレビなどの製造が盛んで,輸出も行われる。絹織物を特産する。人口 16万 3000 (1987推計) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ヒチョン(煕川)市の関連キーワードチャガン(慈江)道

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android