コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒチョン(煕川)市(読み)ヒチョン(英語表記)Hǔich'ǒn

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヒチョン(煕川)〔市〕
ヒチョン
Hǔich'ǒn

北朝鮮,チャガン (慈江) 道の南西部にある工業都市。 1967年市制。チョンチョン (清川) 江上流のヒチョン盆地にある。マンポ (満浦) 鉄道が通り,自動車道も四通していて,道の南の出入口にあたる。清塞,威州などと呼ばれていたが,1217年高麗軍が契丹軍の侵入を阻止した地として知られ,15世紀に現在名に改称された。朝鮮戦争中に機械工業都市としての基礎ができあがり,その後急速に発展。工作機械,旋盤ボール盤,精密機械,テレビなどの製造が盛んで,輸出も行われる。絹織物を特産する。人口 16万 3000 (1987推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android