ヒッポドローム(英語表記)hippodrome

翻訳|hippodrome

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヒッポドローム
hippodrome

古代ギリシアの戦車や馬の競技場。アルカイック期の初期にはすでに存在していたと考えられる。オリンピアデルフォイのような神域では祝祭のときの競技に使われるように設けられ,のちにアテネやスパルタなどにも造られた。代表例はコンスタンチノープルのヒッポドローム。ローマ時代にいたってはキルクスとしてさらに発展した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ヒッポドローム(Hippodrome)

トルコ北西部の都市イスタンブールにある古代ローマ時代の競馬場跡。2世紀末に建設。東ローマ皇帝コンスタンティヌス1世の時代に整備・拡張され、長さ400メートル、幅150メートルの競馬場になった。エジプトの神殿から運ばれたというテオドシウスオベリスク、高さ32メートルのコンスタンティヌス7世のオベリスク、デルフォイアポロン神殿から運ばれた青銅製の「蛇の柱」をはじめとするモニュメントがある。現在はアトメイダヌ(馬の広場)またはスルターンアフメット広場と呼ばれる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

御一人様

「一人」を敬って、また丁寧にいう語。おひとかた。[補説]飲食店などで一人客を指していうことから、近年、「遊園地などグループ利用の多い施設を、一人で利用して楽しむ人」「精神的に自立しており、一人で行動で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android