コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒッポドローム ヒッポドロームhippodrome

翻訳|hippodrome

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヒッポドローム
hippodrome

古代ギリシアの戦車や馬の競技場。アルカイック期の初期にはすでに存在していたと考えられる。オリンピアデルフォイのような神域では祝祭のときの競技に使われるように設けられ,のちにアテネやスパルタなどにも造られた。代表例はコンスタンチノープルのヒッポドローム。ローマ時代にいたってはキルクスとしてさらに発展した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ヒッポドローム(Hippodrome)

トルコ北西部の都市イスタンブールにある古代ローマ時代の競馬場跡。2世紀末に建設。東ローマ皇帝コンスタンティヌス1世の時代に整備・拡張され、長さ400メートル、幅150メートルの競馬場になった。エジプトの神殿から運ばれたというテオドシウスオベリスク、高さ32メートルのコンスタンティヌス7世のオベリスク、デルフォイアポロン神殿から運ばれた青銅製の「蛇の柱」をはじめとするモニュメントがある。現在はアトメイダヌ(馬の広場)またはスルターンアフメット広場と呼ばれる。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

ヒッポドロームの関連キーワードハドリアヌス帝のビラ

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android