ヒナラン(読み)ひならん

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヒナラン
ひならん / 雛蘭
[学]Amitostigma gracilis Schltr.

ラン科の多年草。塊根は紡錘形。茎は高さ約10センチメートル、基部近くに葉を1枚つける。6~7月、径3~4ミリメートルの淡紫色花を10個ほど開く。唇弁は3裂し、長さ2ミリメートル弱の距(きょ)がある。湿帯の岩場に生え、愛知県以西の本州から九州、および朝鮮半島に分布する。
 ヒナラン属は、小胞という花粉塊の下にある粘着体を包む袋が2個に分かれている点、仮雄蕊(かゆうずい)がよく発達している点で、ハクサンチドリ属などと区別される。日本から中国に十数種分布する。[井上 健]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のヒナランの言及

【イワチドリ】より

…近縁のコアニチドリA.kinoshitae (Makino) Schltr.は,花が白色,直径5~6mm,花序の先に珠芽(むかご)をつける性質があり,北日本に分布する。ヒナランA.gracile (Bl.) Schltr.は花の直径3mm,主に西日本の岩場に生える。オキナワチドリA.lepidum (Reichb.f.) Schltr.は,花の直径6~7mm,九州南部以南に分布し,夏眠する性質がある。…

※「ヒナラン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android