コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒメスイバ(姫酸葉) ヒメスイバRumex acetosella

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヒメスイバ(姫酸葉)
ヒメスイバ
Rumex acetosella

タデ科の多年草。ヨーロッパ原産であるが雑草として世界中に広まり,日本には明治初期に牧草に混って伝えられた。現在では日本各地の荒れ地路傍日当りのよい場所にみられ,酸性の土地に多い。根茎は地中をはい,盛んに株を分けて繁殖する。茎は直立し,緑色で赤色を帯び高さ約 50cmになる。根出葉は細長い葉柄をもつ披針形ないし長楕円形で,先端はとがり基部はほこ形をなす。茎葉は数枚で上のものほど小型になる。春から夏にかけて,枝先に円錐花序をなして緑褐色の小花を密につける。雌雄異株で,花弁はなく萼片は6枚。雌花の花被片は花後スイバのようには大きくならない。果実は3稜形の痩果で紫褐色をしている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ヒメスイバ(姫酸葉)の関連キーワードタデ科

今日のキーワード

スカジャン

神奈川県横須賀市発祥のジャンパー。おもに化繊の生地の、スタジアムジャンパー風のデザインのジャンパーの背中に、虎や龍、富士山など和風のモチーフの刺繍を施したもの。第2次世界大戦後、横須賀基地に駐留したア...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android